現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

安心してお買物できます

スピード発送
郵便局留めも可能!
プライバシーの保護!

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
9784903703879

時系列三次元解析による動作分析 著:熊澤 光正

販売価格(税込):
1,650
メーカー:
ココデ出版
関連カテゴリ:
書籍カテゴリ > 社会科学
著者名 > か行
書籍名 > さ行
サイズ:A5(横148mmx縦210mm):44頁
発売日:2014年4月4日

内容紹介:

 スポーツなどの人間の動作解析や、生産現場においける作業測定を行なうには、通常ストプウォチを持ちいた目視による時系列的観察がよくおこなわれる。
 さらには、記録装置としてカメラによる静止画や、ビデオカメラや、近年ではタブレット端末により記録して、解析される場合も多い。
 3D技術の発達により立体的視覚も広く映画等で使われている。
 何れも、しかしながら、いずれにおいても画像認識に於いて感覚的に訴えるのみである。
 従来はデータも、アナログデータであったが、デジタル化の進展には、目覚ましものがある。
 そこで、ステレオカメラを用いて、三次元映像を撮影し、距離、角度等を解析的に求めることが可能性を追求した。
 本著では、アナログデータ、デジタルデータ双方において、二次元のデータから三次元データを解析して距離、角度、時間等のデータを、デジタル的に求める手法を開発した。
 この手法開発の主な目的は、当初、生産現場における動作解析が目的であった。時系列三次元解析により、動作分析や、作業手順の改善ができるのみでなく、安全性の確認等が可能となった。
 さらには、生産性の向上に寄与するのみならず、実際の作業を見せることによりに役立つものと考えられる。
 本著では主に生産現場での利用に焦点を当てたが、前述のスポーツなど広範な状況で応用利用が可能であると考えられる。
 本著の利用により、映像の時系列三次元的利用が進むことが期待できる。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。